本日 108 人 - 昨日 232 人 - 累計 400580 人

<現場スケッチのすすめ>

連投となります。


平田先生の<現場スケッチのすすめ>をご紹介します。


「教室で風景を描く場合はどうしても写真を元に描きますよね。

 でも絵は写真どおりに描けばいいってものではありません。

 現場で描きたいと思った感動こそ表現したいものです。

 写真も1度は行った場所が望ましい。そしてどんな感じに描きたいのか

 しっかりイメージを持つことが大事です。

 写真はあくまで参考資料として活用しましょう。

 現場での空気や光、雰囲気を体いっぱいに感じながら絵を描くのは

 とても楽しいものです。」

前の記事
次の記事