本日 98 人 - 昨日 232 人 - 累計 400570 人
こんにちはー

平田先生の通路作品(水彩)が新しくなったのでご紹介いたします。

IMG_4955

「 いろんな画材で描いてみよう!

いつもの画材だけではなく、たまには手軽に描ける別の画材で描いてみるのも面白い。上手く描こうなんて思わず肩の力を抜いて感性のおもむくままに伸び伸びと描いてみよう!
画材から触発されて思わぬ表現を発見したり、斬新なイメージなどが浮かんだりすることがたまにあったりします。」

生花

2018年07月21日
平田先生の水彩作品を紹介します。
今回は生花を描かれたそうです。


IMG_4768

『近所の西友で300円で買った生花を描いてみました。
約40分程描いて仕上げは明日やることにして筆を置きました。
しかし、明日もあさってもさぼっていたら花の姿が変わっていました。
なので、あともう少しというところで完成に至っておりません。
(花弁や花びら、背景など)
記憶だけではそうそう描けるものではありません。
皆さん、生花は集中力をもって一気に描き上げましょう!
(紙:ラングトン、プレステージ30g) 平田』


新宿世界堂6F 教室通路に飾っています。世界堂にお立ち寄りの際は是非ご覧ください。

上野の森美術館「日本の自然を描く展」において当校講師の七宮賢司先生がご受賞されました。

自由部門

彫刻の森美術館賞

日本の自然を描く展 彫刻の森美術館賞

七宮賢司 「画集をみる」



実際のお作品をご覧になりたい方は以下会期となります。入場料が掛かりますのでご注意下さい。

会場:上野の森美術館
会期:平成30年8月9日(木) 〜 8月28日(火)
時間:10:00 ~ 17:00開館(入場は閉館30分前まで)
   各期、最終日は14:00閉館

入場料:一般 500円 (400円)  大・高生 300円 (200円)
( )内は20名以上の団体料金

連投となります。


平田先生の<現場スケッチのすすめ>をご紹介します。


「教室で風景を描く場合はどうしても写真を元に描きますよね。

 でも絵は写真どおりに描けばいいってものではありません。

 現場で描きたいと思った感動こそ表現したいものです。

 写真も1度は行った場所が望ましい。そしてどんな感じに描きたいのか

 しっかりイメージを持つことが大事です。

 写真はあくまで参考資料として活用しましょう。

 現場での空気や光、雰囲気を体いっぱいに感じながら絵を描くのは

 とても楽しいものです。」

こんばんはー。(おはようございます。)
6月も半分となりました。梅雨らしく雨が降っていますが、寒くなったり、暑くなったり体調管理が難しい日々です。皆様体調には気をつけてご制作くださいませ。


さて教室通路に飾っている平田先生の水彩作品の紹介です。



「ぞうさん公園」(小平市グリーンロード)
IMG_4559(アルシュ 中目 300g)
「昨年の10月頃のスケッチ。ちょっとタッチが粗いですが、これも現場がそうさせたのでしょうか。それともビール片手に描いていたから、かな?(現場にて1時間くらい)」


「ぞうさん公園のおカバさん」
IMG_4561(アルシュ 中目 300g)
「上のスケッチを描いた後、同じ公園で方向を変えて描く。今度は少し慎重に鉛筆スケッチしました。ウォッシュを20分程やったらビールが切れたので、写真を撮って、さっさと帰り自宅で仕上げました。」



平田先生は冗談も交えながら楽しく指導して下さいます。
毎週(火)、隔週(水)、(金)の3曜日担当しています。新宿世界堂にお立ち寄りの際は是非6Fの先生の作品を直接ご覧ください。

隔週(2・4週)の土曜日を担当している千田和世先生の水彩作品です。

2018.3.24

千田先生はデッサン・油絵・水彩を担当して頂いています。今日紹介する作品は水彩の作品です。

千田先生は描きこんだ水彩を得意としています。透明水彩絵具は描きこみ過ぎると折角下に透かした色が消えてしまうので描きこむ具合が難しいです。

土曜日の10:30~12:30と13:00~15:00の2コマを隔週で開催しています。
親切丁寧に教えて下さいます。

見学も受け付けています。お気軽にお問合せ下さい。
お問い合わせ

self portrait

2018年03月09日
毎週(金)15:30~17:30と18:30~20:30の2コマ担当頂いている秋場康平先生の作品紹介です。

IMG_4239

「self portrait」
F15号/油絵

同じく平田先生の水彩作品です。今度は紙が違います。

IMG_4237
(水彩紙 ムーラン・ド・ロワ荒目 A5)
「細かく描かないよう注意していたのですが、一輪だけだとつい描きすぎてしまいます。」


さっきの「小平市のグリーンロード」とこちらの一輪の花も紙は、お試しということで小さい規格サイズにカットして描いているそうです。

(火)、(水)、(金)担当の平田先生の水彩作品です。

IMG_4235
「小平市のグリーンロード」(2017.11頃)(水彩紙アルシュ185g・B5)


「私の住まい近所を1時間程かけて現場で描き上げてみました。」

平田先生の即興作品を紹介します。

「色のついていない巨匠の素描に自分でイメージした色をつけて遊んでみます。楽しいですよ。やってみて下さい。(レオナルド・ダヴィンチの素描より)」

IMG_4205

秋場 康平先生のドローイングです。
2/16(金)の講座の合間に作成された作品です。鉛筆などで描くものは比較的短時間で制作可能だそうです。

◆タイトル 「self-portrait」

◆サイズ   364×257㎜(B4)

◆使用画材  紙、鉛筆、マジックペン、コラージュ

◆創作について一言  「自分をイメージして描いてみました。」

秋場先生2-16ドローイングトリ済

秋場先生のホームページ

透明水彩の基本

2018年02月16日
こんにちは アートカルチャーです。2月16日(金)、今日の新宿は風が冷たいです。春恋いしといった感じです。

さて平田先生の新講座「透明水彩の基本」に向けて平田先生が時間を見つけては試作された作品をスクール内に掲示しています。


IMG_4195    IMG_4196



写真でもぼかしの具合が綺麗ですが、ぜひ実際にご覧ください。平田先生は毎週(火)と隔週の(水)、(金)にいらしています。((水)、(金)の昼までは毎週いらしています)見学も受け付けておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

見学お問い合わせ
平田先生のホームページ

展示している先生の作品を紹介します。

気付くと新作に変わっているので、気付いたらUPしていこうと思います。

IMG_4163調整
つやつやです。

IMG_4164
どのくらいつやつやかと言うと手が映りこむくらいにつやつやです。