本日 77 人 - 昨日 130 人 - 累計 325359 人 サイトマップ

平田 浩之先生

  1. HOME >
  2. スタッフ金子の徒然レポート >
  3. 平田 浩之先生
3/8(火)13:30~15:30
 平田浩之先生「初心者の油絵・水彩・デッサン」にお邪魔してきました。

 この講座は初心者から気軽に参加できる講座です。平田先生はとてもユニークで冗談を交えながら、皆さんと一緒になって喜んだり、笑ったりしながら指導されています。

 平田先生はじめ、生徒の皆さま、ご協力ありがとうございました。また作品を拝見しにお邪魔させて頂ければ幸いでございます。


画像椅子にかかった上着 異なる質感のものを鉛筆のみで仕上げています。平田先生は褐色の椅子の色もさる事ながら、その物体の色の明暗を気をつけるように指導していました。



画像今度は油絵。筆勢ある色の乗せ方、描き方また細かい部分の書き込みを指導されています。女性の指の長さについてお二人で話し合っていました。
次回は人物の顔のメイン、目の描写に移るようです。完成したらまた拝見したいです。



画像お次は水彩。手本の写真の植え込みの描写について話し合っていました。

「葉っぱは一枚一枚描かないの。雰囲気を描く。」

雰囲気で描くって具体的にどういうことでしょうか?と質問してみたところ、先生は「ぼやーっと」や「ぼわーん」といった擬音を使って教えてくれました。そのあとできちんと全体と部分のバランスを見ながらという説明をしてくださいました。



画像この方は水彩や鉛筆、いろんな画材を使い分けていました。違う画材同士の組み合わせが面白いと思いました。鉛筆で黒い部分の服の色を少し調整されていました。色の強さや書き込みについて先生と相談されていました。



画像こちらの方は今日で一通り完成とのこと。雑誌の切り抜きでしょうか、それを元にして絵を描かれていました。河川の色合いと桜の花が綺麗です。先生はあとはスカイツリーにハイライトの白を塗って完成と仰っていました。



画像こちらの方はお花を描いていらっしゃいました。綺麗なピンクと黄色のお花。水彩のグラデーションが綺麗です。